>
>
リフォームの流れ

 リフォームの流れ

 

まずは、相談 

「台所が古くなってきたなぁ。」

「トイレを洋式に変えようか?」

「お風呂が水漏れしてる?」

リフォームしたほうが良いのだろうか?

                                 

 

些細なことでもかまいません。
まずはリフォーム会社にご相談ください。

複数のリフォーム会社にご相談されるのも
良いかもしれませんね。
 

 

当サイトのお問い合わせフォームは、無記名でもご利用頂けるようにしております(勿論無料です)。

是非ご利用ください。

 

 

現状の確認

まずは、営業マンに現状を確認してもらいましょう

そして、気になっている事は全て話しましょう

 

診断・計測・調査
「本当にリフォームの必要があるのか」
「どのようにリフォームした方がよいのか」
営業マンが判断してくれます。

 

遠慮しないで全てをお話しください。

「リフォームの必要性」
深刻に考えていた不具合も、実は簡単な修繕で解決してしまうケースが良くあります。

 

「遠慮しないで・・・」
些細な事でも、お気付きの事は全てお話ください。その「些細なこと」がきっかけで重大な問題が見つかるケースがあります。
 

 

 

営業マンとの打ち合わせ 

どんな風にリフォームしたい?

無理難題をお申し付けください。

 

訪問した営業マンの応対に
“ 少しでも不愉快に感じたら、遠慮なくお断りください ”

営業マンとは工事が終わるまでお付き合いすることになります。
工事の内容によっては、長期間のお付き合いになるでしょう。
気兼ねなく付き合える営業マンを見つけてください。
 

「ご要望をどれだけ実現できるか?」

打ち合せをした営業マンは、どの程度までお客様のご意向を理解できているのでしょうか?

打ち合わせの内容は、見積書やプランニングデザインに反映されます。

 

 

営業マンからの提案、見積書&プランニング

営業マンからの最初の提案です

プランニングデザイン(設計)と
見積書を用意してくれます。

 

提案されたプランニングデザインと見積書をご覧になって
お気付きの事や、更なるご要望を お申し付けください。

お客様のご要望は、よりよいプランニングに繋がります

支払方法等の確認をしておく必要もあります。
資金的に優遇される方法があるかもしれません。

満足できるリフォームをするために、見積書と
プランニング内容をきちんと把握しましょう

他社の見積書やプランニングと比較してみる事も大切です

 

当社には資金計画のプロフェッショナルがいます(元銀行マン)。

もちろん、プランニングもプロフェッショナルです。
  「減税」「補助金」等々の資金面で有効につかえるノウハウを持っています。

他社の見積書やプランニングデザインでも、わからない事がございましたら、遠慮なく当社に御相談ください。お問い合わせフォームは、無記名でご利用頂けます(勿論無料です)。是非ご利用ください。

 

 

いよいよ契約です 

最終的な見積書とプランニングを各社の営業マンから頂きました。

少しだけ予算オーバーだけれども理想的なプランを提案してくれた
〇〇社にお願いする事にしました。

営業マンもとても親切な人でした。

 

契約書の細かい文章(契約約款)にも、必ず目を通しましょう。
この契約書の内容をきちんと把握しなかった為に
大切な夢が台無しになってしまう事があります。

わかりにくい設計図面も必ず確認しましょう。
あなたの夢が盛り込まれていないかもしれません。

契約した後は、契約書と図面が全てです。
この2つの内容を元に工事が進みます。

「エッ?お願いした様に出来ていないよっ!」
そんなことを言っても後の祭り・・・。
その内容は、契約書に書かれていますか?
その内容は、図面上に表されていますか?

「とても親切な営業マン」でもどうしようもありません。

「その契約書は大丈夫ですか?」
「その設計図面で大丈夫ですか?」
 打ち合わせした内容が、契約書から漏れている事があるかもしれません。
 イメージしているリフォーム内容と図面が微妙に違っているかもしれません。

 工事が始まってから、「やっぱり変更したい」と思いつかれるケースが多々あります。当社としましては、出来る限りお客様のご要望に応えていきたいと思っております。

 

 他社の契約書でも設計図面でも、わからない事がございましたら、遠慮なく当社に御相談ください。お問い合わせフォームは、無記名でご利用頂けます(勿論無料です)。是非ご利用ください。

 

 契約書に印鑑を押す前に、必ず内容を確認して下さい。

 

 

工事が始まります 

いよいよリフォーム工事が始まります。

工事が始まる前に、工事内容を必ず確認してください。

 

古い部分か解体され、リフォーム工事がスタートしました。

リフォーム工事の進捗状況や作業内容を
出来るだけ確認される事をお薦めします。

気づかれた事は早めに営業マンにお伝えください。

工事内容の良し悪しは、なかなか素人では判断が出来ません。気なる事は、必ず営業マンにご確認してください。

 

 

工事完成・完了検査・引渡し

リフォーム工事が終わりました。

営業マンと工事管理者と一緒に
リフォーム箇所を確認します。

 

大変な作業ですが頑張りましょう!

リフォームした場所や内容によってチェックする箇所は様々。
チェックする箇所は沢山あります。
気になった事は、全て営業マンに確認しましょう。

 

細心の注意をはらいながら工事は進められていますが、小さなキズがついてしまっているケースが稀にあります。
一体、完了検査の時に、どれだけのチェックをすべきなのでしょうか?

 

 

アフターフォロー

リフォーム会社との付き合いは
“工事が完了したら終わり”
ではありません。

一定の期間が過ぎたら、リフォーム部分の
調整が必要になるかもしれません

最後まで面倒を見てくれるリフォーム
会社を選ぶ事も大切です。

 

アフターフォローをしてくれるリフォーム会社を選びましょう。

 

 

 

ご紹介した工事の流れは、細かい部分を省略させて頂いております。

リフォームする場所や工事内容によって、色々な作業や手続きが加わるケースが大きく変わります。

 

リフォーム完了までの流れをご理解して頂けましたでしょうか?

ご不明な点等がございましたら遠慮なくお問い合わせください。