>
>
安全活動

 

安全活動

 

平成29年度 安全衛生管理要綱

 

 

■ 平成29年度 秋の全国交通安全運動 立哨啓発活動

 

 日時:平成29年9月22日

 場所:島根県松江市平成町 クレアヒル松江団地交差点2箇所

 立哨者数:13名 天候:曇

   

 

 ■ 平成29年度 春の全国交通安全運動 立哨啓発活動

 

 日時:平成29年4月10日

 場所:島根県大田市長久町 山陰クボタ水道用材(株) 大田営業所前

 立哨者数:15名 天候:晴

   

 

 

 

■ 平成29年度 安全大会

 

平成29年度安全大会を621日に開催した。今年度は社員69名、協力会社より37名の出席をいただき、総勢106名が参加する安全大会となった。

 杉谷社長は、昨今の交通事故の現状、過去の交通事故に触れ、「社員への安全意識改革の必要性」を強調した。事故は油断から起こり、相手はもとより互いの家族も傷つけること。「社員が健康で安全に職を全うして欲しい」と切望。『無災害、無事故』への決意を新たにした。

石橋取締役は、安全管理者の立場から、昨年度の受注物件において無災害だった陰には、社員の徹底した現場管理があること。また、女性技術者の活躍に触れ、協力会社の方々のご理解とご協力、日頃の安全活動に対して改めて感謝の意を表した。交通事故が多かった昨年度を振り返り、職場の高齢化が必至である現状。それに伴う高リスク化を踏まえて、今一度「労働災害0(ゼロ)、交通事故0(ゼロ)」の目標を掲げた。

  平成28年度の優良工事(工事成績評定点が80点以上)の技術者に対し優良工事表彰を行った。11件の優良工事があり、その中から古島 (出雲営業所)、永見 博司(松江工事部)、岩田 (浜田営業所)、佃 (ポンプ部)、橋本 美津子(安来営業所)、太田 幸司(松江工事部)、井上 拓真(江津営業所)、角 史香(安来営業所)8名を表彰した。

 講演では、ヒノ労働安全コンサルタント事務所 所長 樋野 和夫様をお招きし「安全管理に4Mの活用」と題してご講話と資料説明をしていただいた。

労働災害で大切な命を無くすことがないよう熱心にお話しいただいた。

MとはMan・・・人的要因(ヒューマンエラー、疲労、コミュニケーション 等)。Machine・・・機械要因(点検整備不良 等)。Medea・・・環境要因(作業情報・動作・方法・空間・環境不適切 等)。Management・・・管理要因(管理組織の欠陥、施工計画の不備、作業手順書の不備、教育訓練不足 等)。これらをみんなで点検し、進めることが安全活動であり、4Mを考慮した安全活動が大切であると説かれた。おわりに「そもそも安全は存在しません、常に存在するのは危険です。」「安全は一人ひとりが力を合わせて作り出すもので、誰かがつくってくれるものではありません。」「人の失敗に学びましょう、自分一人でそんなに沢山の失敗は体験できません。」と、全員参加の職場環境づくりを強調された。

 従業員を代表して、ポンプ部 野村莉子さんが安全宣言を読み上げ、安全スローガンを全員で唱和した。閉会にあたり、和田常務が講演の内容を復唱し、協力業者の皆さんに御礼を述べ、安全大会を締めくくった。

講話の中で「本当にやっているか?危険をいかに的確に予測し、的確に防止する努力を行うかが安全管理です。」とおっしゃった。計画、手順を立てた時点で満足しているかもしない。職場や現場の皆に周知し実践することが大事であると再認識した安全大会になった。

 

                                                     安来営業所 角 史香

 

 

□ 開会のあいさつ

 

□ 社長挨拶

 

□ 平成29年度(28年度施工) 優良工事表彰

 

 

□ 講演 : ヒノ労働安全コンサルタント事務所 所長 樋野 和夫 様

 

□ 安全宣言 : ポンプ部 野村 莉子

 

□ 閉会のあいさつ